読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゆやゆよん。

あざとさの定義ってなんなんだろ。

男の人に媚びること?

自虐することで可愛いと言わせること?

自撮り写真をSNSに投稿すること?

多分、どれも正解でどれも間違い。

要は同姓に嫌われたら「あざとい」認定なんだろな。

さて、ここからは全く私の個人的な話。

男の子みたいな小学生時代でした。

凄く短い髪。

ボーイッシュな服装。

運動会はサッカー少年特有の脹脛を隠す靴下履いて、鉢巻して応援団で旗振り。

スキーウェアもピンクや水色なんて以ての外で、赤、黒、白。

普段から所謂小学生女児みたいなパステルカラーの服は着なかった。

夏休みには黒マニキュアにタトゥーなんか入れたりしてたし、真っ黒に日焼けしてた。

ごく稀に、ルーズソックスや厚底スニーカーを履くくらいが私の「可愛い」だった。

そういう少女時代を過ごしてきたから、「可愛い」の代名詞、ピンクに出会うのはとても遅かった。

今でも本当はピンクというのは特別な色で、身につけるには恥ずかしくて少し勇気がいる。大学では素知らぬ顔でピンクを身につけているけれど。

ピンクに出会ったのが遅かったから、

「可愛い」服を着るのが遅かったから、

不器用な自分に「あざとい」なんて出来るわけないのに、たまにすっごく「あざとい」をしてみたくなる、そんな衝動がある。

女子という公称が通用するのは大学生までだし

嫌われない程度、出来る限りの「あざとい」と

たまに馬鹿みたいな「可愛い」をして

女子大生を死にたい。