読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いろいろいろいろ。

にめーとるもないかべのさき、まったくしらないへやのじんせいに、いっしょうかかわることはなくて、そんなことのくりかえしだ。

誰にも邪魔されずに、文字の羅列にだけ触れていると、ぽっかりとした穴が少しだけ満たされていく。

きょうはずうっとひとりでいたい。

沢山の人と接すると、いろんないろで溢れかえりそうになる。

共感覚なんて難しいことは分からないけど、昔から好きな人と嫌いな人の色が見える。あんまり関わらなくて、距離を保ってる人の色は見えない。

深緑色の男の人と、青系統の女の人が好きで、

黄土色の男の人と、オレンジ色の女の人が苦手。

けれど、私の知り合いでこれを読んでる稀有な人がいても、私はあなたに色を伝えられないと思う。そんな気がする。

自分のことなのに、自分でも分からない自分のこと。

ずうっとわからなくていい。

格好良い表現技法より、

正しく言葉を使うことのほうが、

よっぽど難しい。

伝えたいことよりも、

伝えたい気持ちのほうが、

大きく膨れ上がって持て余してしまう。

毎日、理性と感情と本能と煩悩がごちゃまぜになった、いろいろのいろが浮かんだり消えたり。

なにかをみたようなきになって、

なんにもみていなかったり、

さみしくなったり、

せつなくなったり、する。