読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

すぷんく!

「あー、中学のとき仲良かった子に似てるー!」

貴方と共有していない14歳に、どうして私が巻き込まれなくてはならないのか、

と思ってしまう程度には、人間である。

駅の階段で、パンプスのヒールだけを落として上に行く女のような器用さは、私にはない。

5cmの日はいつでも5cm、

7cmの日はいつでも7cmの視界。

とっても昔に好きだった小説、

すぷんく!を探しに行く小説。

本棚の隅で丸まって大人しくしてる背表紙に

久しぶりに触れたいと思った、

好きなものは何でも遠くに行ってしまうから、

また好きなものを新たに探し続けるけれど、

遠くに行ってしまうものたちを

ずっと好きでいたい。

そんな感じのきょう。