読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

とんことり。

最近よく、いい子だね、と言われる。

いい子。

近所の人は大抵言う。

「犯罪に手を染めるような子じゃなかったのに、

挨拶するいい子だったのに」

挨拶を交わすくらいの近所付き合いで

相手の何がわかるんだろう。

私は友人だって、恋人だって、そして両親のことだって、

本当はきっと何にも知らない。

誰かに対してはaという存在で 誰かに対してはbという存在で、 そんな風にiくらいまである存在。

誰かにとってのいい子なんて 誰かにとってはほんとは全然いい子じゃない。

私がいい子なんじゃなくて あなたの前ではdという存在なだけ。

本当に好きな人の前では わたし、 ちっともいい子なんかじゃない。