読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

中央線沿いのマンションのヨガ教室の窓から

ぬるくなった缶ビール。道端で燻ってるタバコの吸いさし。

すれ違う人の体臭。スマホで乾ききった眼球。

毎日の中に落ちている虚しさは言葉にすると

5度くらい体温が下がる。

でも紛れもなくそういう日常に生きていて、

だからキラキラした1日を手に入れたくて、みんな必死。

あまくてやさしくてだれもきずつかない、

みんながもとめてるキラキラ、

そんな非日常的なドラマはみたくない。

電車の網棚に忘れられた新聞の持ち主のドラマは

つまらないかもしれないけれど、

それは誰かが評価することじゃない。

ぜんぶぜんぶぜんぶ、そうだよ。

誰よりも生きてる、はげかかった人差し指のマニキュア。

昔からあったように鎮座する駅前のコンビニ。

深夜0時のファミレスで交換される電球。

一つ一つの灯りは夜景の一部にしかならないし、

階下の灯りが点いてるかさえ知ることのないまま、

今日も一日が終わるね。

誰かの景色にしかならない電球を

自分の部屋にも灯しては消す。

夜景になる短い時間。

ぱちん。