読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

承認欲求の話。

求められていたい。

必要とされなければ死んでしまう。

それがわたしの生態。

 

自己肯定感の低いわたしは、 

言い換えれば承認欲求の強いわたしは、

他者に必要とされてはじめて存在価値を見出せる。

多分、人よりもその感じ方が強い。

仕事でも友情でも。

恋愛は誰にとっても自己肯定感を味わえる最たるもので、

その先にあると考えられている結婚は

人生において必要とし合っていくもので、

故にみんな恋してたいんではないだろうか。

 

ひとりでいい。

でもわかってくれるひとりはいてほしい。

 

そばにいてほしいと想う相手にも同じように

唯一無二の存在と想ってもらえたなら、

たとえそれが一瞬でも、

生きていてよかったとそう思える。

 

何も生み出さないまま終わるそんな毎日でも、

気づいたら少しは物の見方も変わっている。

そう信じて生きられるようになる。

 

先日会社の研修で原動力分析テストをした。

 

人から感謝される、求められること。

それがわたしの原動力らしい。

仕事だから原動力と言うけれど、

わたしの人生そのものに直結する答えだった。

 

ご存知の方もいるだろうが、

去年は特に余裕が無かった。

 

わたしの格好悪いところをいくつも知っている恋人に、「人と比べることはないよ」ということばをもらってから、少しだけ息がしやすくなった。

 

わかっていてくれるひとりが

たいせつにうけとめてくれれば

もうそれだけでいい。

 

だけどわかってくれていてくれるひとでも

たくさんの想像力をもって接し合わないと

ばらばらになってしまうのに、

さいしょからわかりあえないひとは

脅威でしかない。

 

大学ではことばの感覚が合う友人とばかり過ごしていたから、そしてそんなに感覚が合う友人が一度にできて毎日が嬉しかった。

 

だから卒業してからは、たくさんの感覚の違いに出会ってぶつかって何度もひとりで泣いた。

 

仕事に関係の無い顔の傷の理由を問いただされてズタズタになった日もあった。初対面だったその男と別れてから電車で涙が止まらなくなって、誰も声をかけてこない東京の美しい冷たさが、初めて好きだと思った。

 

本当に本当に辛いことからは逃げてもいいことを本能的に知った夜だった。

 

男女問わず好きだと想った相手には常に想像力をもって、そうでない相手にはあまり関わることなく、優しく強く生きたい。

 

ある人が考え無しに言ったことばが、ある人を一生傷つける凶器になることを知っているから。

 

大切な人の本当に辛い夜に必要とされる存在になれたら。何にもできないけれど、ただいることを求めてもらえるような存在になれたら。

そして幸せも一番に話してもらえるような存在になれたら、それ以上の幸福はきっとこの世にない。

 

生きててよかった、
そんな夜を探してる。
探し続ける。