読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ずっと早く卒業したくて、生きてきたの

大好きな金曜の夜から遠い一日が
始まろうとしてる。

永遠に満たされない変身願望を引きずって、
精神なんていつだって不安定。

「卒業」を待てなくなったいまは
「いつか」を待ってる。

ずっとなにかを待ち続けてしまうのは、
結局自分からどこかへ向かう勇気のない臆病さと、
待っている、という事実をも飲み込んでくれる日常のせいなんだろうか。 

そんなことを考えて、
なにかを考えたような気になって、待っている。

ひとり。